債務整理は借金問題を解決する手続きです。
多重債務で膨れあがった借金を解決するには、いくつかの種類の解決策から、自分に合った制度を利用することで債務をゼロにしたり、債務を減らしたりすることができます。

一人で悩まず、まずは無料相談から解決の一歩を踏み出しましょう。
法律事務所・司法書士事務所一覧 東海,北陸,信越,借金返済
法定金利内で減額されなくても来利息カット

消費者金融の利息は思った以上に大きいものです。
例えば年利29,2%で50万円を借りた場合、1ヶ月後に1万5千円を返済してもほとんど利息に充当されて元金は2,685円しか減りません。
このペースで毎月1万5千ずつ返済していったらいつ元金は完済するのでしょうか?

例えば平成19年5月15日に50万円借りて、次の月の6月15日から毎月15日に年利29,2%で返済していった場合、実に完済するのは平成25年2月15日です(但し最終回の返済額は端数で10,491円)お金を借りてから完済するまでに約7年の月日が経っていることになります。
この間に支払う利息の総額はこれまたびっくりですが、53万円とんで491円です。つまり50万円借りて完済するまでに、当初借りた額の倍以上にあたる100万円以上を元金利息合わせた総額で支払う必要があるという事です。
この無駄に払った利息、53万円が消費者金融業者の収益なのです。

弁護士・司法書士が介入して任意整理に基づく和解を業者と成立させる場合、弁護士・司法書士の権限に基き、今後の将来利息がカットされます。
ですので後は元金のみの支払となり負債は確実に減っていく方向に向かいます。
例えば50万円を支払うことで和解した場合、1万円返済すれば49万円になりますし、更に1万円返済すれば48万円になるといった具合です。
このように将来利息がカットされることで借金が整理されることになるのは弁護士・司法書士に任意整理を依頼することの大きなメリットといえます。
東海,北陸,信越,借金返済
あなたの借金、支払い義務が消滅しているかも!? 詳しくはクリック!